読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本歴史紀行

日本各地の史跡を訪ねる紀行ブログ

歴史紀行 戦国編 2 東照公(徳川家康)産湯井戸

f:id:aoisuruga:20170103211452j:plain
f:id:aoisuruga:20170103211458j:plain
岡崎城(現在は岡崎公園)に残る東照公~徳川家康の産湯井戸です。
家康誕生当時の松平宗家は、駿河今川家の庇護を受けていて父、広忠は隣国、尾張織田家との戦に加え、家中の分裂騒動に悩む頃でした。
家康(竹千代)誕生の翌年、母、於大の父で三河刈谷城主の水野忠政が死去すると、後継ぎで於大の兄の水野信元が尾張織田家に属したため、広忠は於大を離縁して刈谷に送り帰すことにします。家康はまだ母の恋しい最中に離ればなれとなってしまったのです。

歴史紀行 戦国編 1 岡崎城

f:id:aoisuruga:20161227215143j:plain
f:id:aoisuruga:20161227215147j:plain
徳川家康が産声をあげた岡崎城です。
家康は、1542年天文11年12月26日に松平広忠の嫡男(幼名、竹千代)として誕生しました。
竹千代3歳のとき、母於大と生き別れ、6歳のとき駿河今川家の人質として駿府に送られる途中に叔父、戸田康光に欺かれて尾張織田家に売られる等、様々な苦難を受けました。
家康が岡崎城の主として帰るのは、今川義元桶狭間の戦いで敗死する1560年永禄3年、家康19歳のことでした。

葵の道 1 徳川の系図

f:id:aoisuruga:20161127100507j:plain
徳川家康は、征夷大将軍として1603年慶長8年、江戸に幕府を開きますが、徳川家による治世は、最後の武家政権として、後の明治維新を迎える1868年慶応4年までの約265年に渡り長期政権となりました。

幕府の長である征夷大将軍は、源氏の血統でなければ、就くことが出来ず、その源氏も辿ってゆくと、天皇家に結びつく慣例のためとされるます。

将軍となるために家康が行ったことは、素性のはっきりせぬ自らの血統を、自分は、第56代清和天皇から始まる~清和源氏嫡流、新田氏を祖先として系図をまとめて将軍になることを思いつくのです。

さて
家康が自らの祖先として結びつけた新田氏とは…?

このカテゴリーでは、家康が将軍となって明治の世に政権を渡すまで日本の武家の頂点に立っていた徳川家の前と後について、少々長くなりますが、書いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

歴史紀行 明治以降編 3 札幌時計台

f:id:aoisuruga:20161017222144j:plain
f:id:aoisuruga:20161017222148j:plain
f:id:aoisuruga:20161017222149j:plain
歴史紀行 明治以降編 3 札幌時計台

札幌市中央区北1条西2丁目

札幌市のシンボル 。時計台は、旧札幌農学校演武場のことで、演武場~農学校の兵式訓練や体育授業の場所として、二代教頭~ウィリアム.ホイラーの構想のもとに1878年明治11 年に建設され、1881年明治14年には、シンボルとなる時計搭が設置され、現在に至るまで時を刻み、時報を鳴らし続けています。

歴史紀行 明治以降編 2 開拓使札幌本庁本庁舎跡

f:id:aoisuruga:20161017222106j:plain
f:id:aoisuruga:20161017222109j:plain
f:id:aoisuruga:20161017222111j:plain
歴史紀行 明治以降編 2 開拓使札幌本庁本庁舎跡

札幌市中央区北3条西6丁目

開拓使札幌本庁舎は、1869年明治2年に北海道開拓のために設置された役所の本府として建設が始まって1873年明治6年に完成しました。

開拓が本格的に進むも、明治初期の北海道開拓は、暴動やアイヌの強制移住など困難が続くなか、本庁舎は1879年明治12年に火災によって焼失しました。

明治政府は、明治15年に開拓使を廃止し北海道を札幌、函館、根室の3県に移管するも、3県は明治19年に廃止され 、北海道庁を設置し、道庁の本庁舎を焼跡の脇に建てることになるのです。

歴史紀行 明治以降編 1 北海道庁旧本庁舎

f:id:aoisuruga:20161016110458j:plain
f:id:aoisuruga:20161016110459j:plain
歴史紀行 明治以降編 1 北海道庁旧本庁舎

北海道札幌市中央区北3条西6丁目

北海道庁旧本庁舎は、道民から赤レンガの愛称で親しまれている旧本庁舎で、明治時代になって本格的に始まった北海道全域の開拓を推し進めた開拓使、札幌、函館、根室の3県の廃止後に設置された北海道庁の本庁舎として1886明治19年に着工し、1888年明治21年に完成しました。

建物の特徴でもある中央の八角搭は、建設予定に無かったものの、初代の道庁長官、岩村通俊の発案によりつけ加えられ、道民からの人気もありましたが、構造的に無理があり、撤去されました。

1909年明治42年に火災で内部を焼失したものの、ネオバロック様式の赤レンガの壁に損傷は小さく、内部と屋根の復旧で済みました。

本庁舎は1968年昭和43年に新庁舎の完成に伴って役割を終えた後で、北海道百年記念事業として、創建当時の八角搭をシンボルとした道立文書館~北海道庁旧本庁舎として復元されました。

歴史紀行 江戸時代編 1 特別史跡 江戸城大手門

f:id:aoisuruga:20161014232056j:plain
f:id:aoisuruga:20161014232057j:plain
f:id:aoisuruga:20161014232100j:plain
f:id:aoisuruga:20161014232108j:plain
f:id:aoisuruga:20161014232109j:plain
江戸城大手門


東京都千代田区皇居東御苑


かつて徳川将軍家が15代に渡り日本を支配した天下泰平の居城は、現在の主は、天皇皇后両陛下はじめ、皇室の方々の御住まいとして使われており、一般には、東御苑一帯が開放され、大手門、平川門、北桔橋門の3ヶ所から出入りが出来ます。

江戸城の正門となる大手門は、桝形の構造になっており、敵の軍勢の直進をさまたげ、櫓門から敵を狙い打つ役割りを果たします。

この門の工事を担当したのが、伊達政宗といわれてます。



最寄り交通機関
東京メトロ 大手町駅下車