読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本歴史紀行

日本各地の史跡を訪ねる紀行ブログ

歴史紀行 明治以降編 3 札幌時計台

f:id:aoisuruga:20161017222144j:plain
f:id:aoisuruga:20161017222148j:plain
f:id:aoisuruga:20161017222149j:plain
歴史紀行 明治以降編 3 札幌時計台

札幌市中央区北1条西2丁目

札幌市のシンボル 。時計台は、旧札幌農学校演武場のことで、演武場~農学校の兵式訓練や体育授業の場所として、二代教頭~ウィリアム.ホイラーの構想のもとに1878年明治11 年に建設され、1881年明治14年には、シンボルとなる時計搭が設置され、現在に至るまで時を刻み、時報を鳴らし続けています。