読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本歴史紀行

日本各地の史跡を訪ねる紀行ブログ

歴史紀行 戦国編 1 岡崎城

f:id:aoisuruga:20161227215143j:plain
f:id:aoisuruga:20161227215147j:plain
徳川家康が産声をあげた岡崎城です。
家康は、1542年天文11年12月26日に松平広忠の嫡男(幼名、竹千代)として誕生しました。
竹千代3歳のとき、母於大と生き別れ、6歳のとき駿河今川家の人質として駿府に送られる途中に叔父、戸田康光に欺かれて尾張織田家に売られる等、様々な苦難を受けました。
家康が岡崎城の主として帰るのは、今川義元桶狭間の戦いで敗死する1560年永禄3年、家康19歳のことでした。