読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本歴史紀行

日本各地の史跡を訪ねる紀行ブログ

歴史紀行 戦国編 2 東照公(徳川家康)産湯井戸

f:id:aoisuruga:20170103211452j:plain
f:id:aoisuruga:20170103211458j:plain
岡崎城(現在は岡崎公園)に残る東照公~徳川家康の産湯井戸です。
家康誕生当時の松平宗家は、駿河今川家の庇護を受けていて父、広忠は隣国、尾張織田家との戦に加え、家中の分裂騒動に悩む頃でした。
家康(竹千代)誕生の翌年、母、於大の父で三河刈谷城主の水野忠政が死去すると、後継ぎで於大の兄の水野信元が尾張織田家に属したため、広忠は於大を離縁して刈谷に送り帰すことにします。家康はまだ母の恋しい最中に離ればなれとなってしまったのです。